リバティ総合法律事務所 Liberty Law Office
法律相談のご予約・お問い合わせは0120-174-783午前10時~午後5時(土日・祝日除く)
Homeご挨拶事務所概要弁護士紹介取り扱い業務内容Q&A弁護士費用ご予約・お問い合わせ

取り扱い業務内容

top > 取り扱い業務内容 > 刑事弁護事件 > 傷害・暴行事件

傷害・暴行事件

概要

 傷害罪は,人の身体を害する(=「人の生理的機能を害すること」)傷害行為を内容とする犯罪です。そして,傷害するに至らなかったときに暴行罪となります(刑法204条~208条の2)。


基本弁護方針

 当事者間で言い分が食い違うことが多いため,証拠を収集して検討し,依頼者の供述が真実であることを主張・立証していくことになります。
 また,相手方に傷害の結果が生じていないなど,実際には傷害罪が成立しないにもかかわらず逮捕されてしまった場合には,証拠を収集し主張していくことで,不起訴処分や無罪を目指していくことになります。
 一方,実際に傷害・暴行を行ってしまった場合には,早期に被害者との示談交渉を行い,不起訴となるよう弁護活動を行っていきます。
 このように,事案に応じ,依頼者の方にとって最善な結果を得られるよう弁護活動を行っていきます。












安心の弁護士費用
取り扱い地域
無料法律相談